糖尿病 サプリメント 人気

MENU

糖尿病の種類について

糖尿病の種類について

 

糖尿病には実は種類があります。主には「1型糖尿病」と「2型糖尿病」です。
そこで、この2種類の糖尿病について少しご説明していきます。

 

・1型糖尿病とは

 

1型糖尿病とは、インスリンを作っている膵臓の細胞が破壊してしまうのが、1型糖尿病です。
自信の体内でインスリンを作る事が出来なくなったり、少量しか作られず、体外からインスリンを取り入れることが必要になります。多くは、インスリン中注射によってインスリンが体内に補われます。
1型糖尿病は、突如発症する事が多くあるので、注意が必要です。

 

・2型糖尿病とは

 

2型糖尿病は、膵臓が作るインスリンの量が少量のケースと、インスリンの働きが良くないケース、またこれらが一緒に発症するケースがあります。私たち日本人の成人で糖尿病になる人のほとんどがこの2型糖尿病です。
2型糖尿病は自覚症状が無く、発覚するには健康診断などで判る事がほとんどです。会社などで行われる健康診断はしっかりと受けることが重要になってきます。
2型糖尿病になる原因としては、年齢から来るもの、肥満、飲酒、喫煙、遺伝、高血圧、運動不足、ストレスなどが一般的です。特に、高血圧や高血圧に近い血圧の人は、血圧が正常値を保っている人と比較するおt糖尿病を合併する確率が上がってしまうそうです。普段から血圧にも注意が必要です。
以前は、中高年の方が発症するケースが多かったのですが、時代の流れから食生活も変わっていき、生活スタイルも変化してきました。そのことから、現在では中高年の人だけでなく、若い人やお子様にも発症する事もあるので、まだ若いからなどと油断は禁物です。普段から食生活に気をつけたり、適度な運動を心掛けることが大事になってきます。

 

この他にも、特定の原因からなるその他の糖尿病や、女性が妊娠中に血糖値があがってしまう妊娠糖尿病もあります。