糖尿病 サプリメント 人気

MENU

アルコールと糖尿病

アルコールと糖尿病

 

最近、「糖質ゼロ」のアルコール飲料が増えていますね。店頭やテレビコマーシャルでも良く見かけるかと思います。
しかし、注意してほしいのが、いくら糖質ゼロだからと、安心してはいけないということです。

 

アルコールのほとんどには糖質が含まれています。ビール、日本酒、ワインは特に糖質が多いです。
焼酎ですが、チューハイに至っては、シロップや果汁などが含まれている事が多いので、注意が必要です。
ブランデーやウィスキーは糖質を含んでいません。ですが、アルコールそのものにインスリン分泌を抑制する働きがあるので、注意が必要です。

 

でもアルコール飲料は飲みたい!付き合いでどうしても飲む機会が多い!など、あるかと思います。
糖質やカロリーを気にしているのであれば、「糖質ゼロ」や「カロリーオフ」のアルコール飲料にするように心がけましょう。
しかし、糖質ゼロ=カロリーゼロなのではないので、注意してください。

 

通常、糖尿病患者の方は、かかりつけ医から禁酒するように言われているかと思います。
しかし、糖尿病の状態によっては飲酒OKの場合もあります。気になる方は、かかりつけ医に相談しましょう。
かかりつけ医からOKが出たら、どれだけの量の飲酒がOKなのかも確認しましょう。

 

だいたい、1日あたりの純アルコールで20g以内です。ビールにすると500ml程度です。

 

気をつけたいのが、低血糖です。お酒だけを飲んでいると低血糖になる恐れがあるので、栄養バランスも考慮した低カロリーなおつまみを一緒に摂りながら飲むようにしましょう。高カロリーなおつまみは避けることです。

 

アルコールはインスリン分泌を抑制したり、感受性に影響を与えるので、つい食べ過ぎてしまったり飲みすぎたりする可能性があります。
折角飲酒OKが出たのに、飲みすぎや食べすぎで糖尿病が悪化したら努力が台無しです。
お酒を飲む際には、飲酒量をしっかりと守り、おつまみの種類や量にも十分注意して、食べすぎ・飲みすぎに注意をしながら楽しく飲むようにしましょう。