糖尿病 サプリメント 人気

MENU

糖尿病を放置しているとどうなるのか

糖尿病を放置しているとどうなるのか

 

もしも病院などで糖尿病と診断されても、そのまま治療を行わずに放置をしたままでいるととうなってしまうのでしょうか?

 

糖尿病を放置していると、「合併症」を引き起こす可能性が高くなります。

 

糖尿病から起こる合併症には、様々な病気が挙げられます。
・脳卒中・脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病腎症・糖尿病膜症・糖尿腸神経障害・下肢閉塞性動脈硬化症などです。中には命の危険を及ぼす病気も含まれています。
この他にも、高血圧や脂質異常症、腎臓病などがある人が糖尿病になってしまうと、その病を悪化させてしまう危険性もあります。

 

糖尿病から引き起こる合併症には、「3大合併症」があります。
「3大合併症」とは
上記にも載せましたが、・糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症です。
血糖値をコントロールしないで放置していると、糖尿病になってから約10〜15年経つとこのような合併症を引き起こしてしまいます。

 

糖尿病からくる合併症で一番早く出るのが、糖尿病神経障害です。これは、手足のしびれ、怪我や火傷から来る痛みに気付かない、筋肉の委縮、筋力低下、胃腸の不調など、色々な自律神経障害の症状もあります。
糖尿病網膜症は、目の底にある網膜の血管が悪くなり、視力低下になります。酷くなると失明になる恐れもあります。他にも、白内障になる方も多いそうです。
糖尿病腎症は、腎臓の糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、次第に尿が作られなくなってしまいます。すると人工透析をして尿を作らなければならなくなります。人工透析は、一週間のうち2、3回程病院に通う必要があり、日常生活に支障をきたします。

 

糖尿病をそのままにしておくと、良いことは絶対ありません。
病院などで糖尿病と診断されたら、すぐさま治療をするようにしましょう。