糖尿病 サプリメント 人気

MENU

糖尿病と水分補給

糖尿病と水分補給

 

水分補給は私たち人間にはとても大事なことで、普段から誰でも行う事です。
しかし、糖尿病のかたは水分補給にも気をつけてほしいことがあります。
普段水分補給をする時は、何を飲んでいますか?清涼飲料水を飲んでいたりしませんか?

 

よくある清涼飲料水で、「ビタミン&ミネラルたっぷり!」など、健康に貢献できそうでさっぱりとした味わいの清涼飲料水があるかと思います。味も薄味なのでカロリーも低そう、と進んで飲んでいる清涼印象水ですが、糖尿病の方には危険な行為かもしれません。

 

最近はペットボトルが主流で一般的となり、自動販売機がどこにでもある日本では、好きな時に清涼飲料水を買う事が出来ます。夏の暑い日にはコーラなどの炭酸系が飲みたくなったり、休憩のときにはコーヒーや紅茶などを一緒に飲むこともあるでしょう。
しかし、これらにはとてもたくさんの砂糖が含まれています。
飲み物にもよりますが、500mlのペットボトルに、角砂糖13〜16個も入っている飲み物もあるのです。いつの間にかたくさんの砂糖を摂っているかもしれません。

 

私たち人間は、インスリンの働きで糖を代謝して、血糖値を一定に維持しています。
ですが、糖質を過剰摂取すると、血糖値を下げようとインスリンを通常よりも多く分泌させて、これが続くことによってインスリンが分泌されなくなってしまうのです。
突然の高血糖を薄めようと体が働き、喉が渇いて水分を補おうとしたり、なんとなく体がだるくなったります。
ペットボトルで水分を補給しようと、清涼飲料水を飲むと悪循環となってしまうのです。

 

では、普段は何を飲んだらいいのでしょうか?
水分補給をする際は、ノンカロリーの水を選ぶようにしましょう。
水やノンカフェインの麦茶、最近流行しているルイボスティーなどもお勧めです。
他にも、水分は喉が渇いた時に一気にたくさん飲むのではなく、こまめに飲むのが良いそうです。
飲み物を選ぶ際には、カロリー表示や糖質をチェックし、糖尿病予防や糖尿病対策につなげましょう。