糖尿病 サプリメント 人気

MENU

インスリンについて

インスリンについて

 

血糖値と深く関わりのある「インスリン」ですが、詳しくご存知ですか?
「インスリン」には、血糖値をコントロールする働きがあるため、非常に重要なものなのです。
そこで、このインスリンについて、ご説明していきます。

 

3大栄養素はご存知ですか?
・脂質
・タンパク質
・炭水化物
です。いずれも普段の食事から摂取するものですよね。
この中でも、特に炭水化物が一番早く消化・分解され、その後にブドウ糖になって血液中に入り、食事の後の30分前後に血糖値が上昇します。
このブドウ糖が血液中に入ったことで血糖値が上がると、すぐさま膵臓からインスリンというホルモンの分泌が開始されます。インスリンにより、肝臓、脂筋肉などにブドウ糖が行き渡り、すると血糖値が下がる仕組みになっています。

 

他にも、インスリンは、摂取したブドウ糖をグリコーゲンや中性脂肪に換えてエネルギーを貯める働きももっています。食後に一時的に増えたブドウ糖は、このインスリンの働きにより、体の中でコントロールされ血糖値が下がるのです。

 

インスリンは、休むことなくだいたい同じ量が分泌され続けています。ですが、食事を摂って血糖値が上昇すると、それを見て多く分泌が行われ、上がった血糖値を正常値に戻す働きをしてくれます。血糖値が下がってくると、新たに分泌されたインスリンは通常通りに戻っていきます。

 

血糖値が増えすぎている状態が続くと、インスリンの機能が衰えてきて、血糖値のコントロールがうまく出来なくなり、体の様々な箇所に不調をもたらしてしまいます。それによって、糖尿病にも繋がってしまうのです。

 

インスリンが折角頑張って働いてくれているのですから、その働きを乱さないよう、自身の血糖値を普段から把握し、上がりすぎた状態が続くことの内容、日常生活から気をつけることが大事です。