糖尿病 サプリメント 人気

MENU

糖質の多い食品について

糖質の多い食品について

 

糖尿病を予防する、または糖尿病になってしまって、食生活の改善を心掛ける際に、普段の食事での糖質をなるべく控える事が重要となってきます。
特に難しく考える事はありません。ただ、糖質を控えるだけていいのです。脂質やタンパク質から摂取するカロリーは気にする必要はありません。肉類、魚類、揚げ物(衣は注意が必要)などの油を多く含む食品でも、食べても問題はありませんし、しっかりと食事が摂れます。
しかし、デザート系の甘いものは糖質が多いので、もしもデザート系が食べたくなったら、糖質が比較的少ない人工甘味料を使うようにしましょう。

 

糖尿病の予防や改善には、糖質の多い食品を知っているだけでも、普段の食生活の改善に役立ちます。
そこで、簡単ではありますが、糖質が多い食品を少しご紹介します。

 

穀類・・・お米(ごはん、おかゆ、お餅)、小麦(パン類、麺類、小麦粉、餃子の皮、など)、うどん、そば、ビーフン、コーンフレーク

 

イモ類・・・じゃがいも、サツマイモ、やまいも、春雨

 

甘味料・・・砂糖、黒糖、グラニュー糖、はちみつ、メープルシロップ

 

野菜類・・・かぼちゃ、トウモロコシ

 

豆類・・・あずき、インゲン豆、エンドウ豆、ひよこ豆、そら豆

 

果実類・・・アボカド、オリーブ

 

乳類・・・コンデンスミルク

 

アルコール類・・・ビール、日本酒、ロゼワイン、シャンパン、紹興酒

 

ドリンク類・・・加糖のコーヒー、加糖の紅茶、シロップ入りアイスコーヒー、果汁入りジュース、コーラ

 

調味料・香辛料・・・砂糖、みりん、白みそ、市販のソース、ケチャップ

 

普段から摂ることが多いようなものを挙げました。

 

しかし、お米やパンなど、主食になるのを全く摂らなくするのは難しいかもしれません。
そんな時は、いつもの半分の量にするなど、量を減らしてみてください。それだけでも大きく違ってくるでしょう。もしも主食を抜くことが出来そうな時は抜いてみてもいいかもしれません。