糖尿病 サプリメント 人気

MENU

妊娠糖尿病について

妊娠糖尿病について

 

これは女性のみの話題になってしまいますが、妊娠糖尿病というものがあります。
これは、妊娠中に血糖値が異常になってしまう病気の事を言います。しかし、妊娠する前から糖尿病だった方は例外となります。
妊娠糖尿病になってしまうと、妊娠高血圧症候群になってしまったり、難産にも繋がります。この妊娠糖尿病は、自覚症状がほとんどなく、なかなか気づけないのが難点なのです。

 

妊娠がわかって初めて糖尿病になる女性は、なんと12%!意外と多いと思いませんか?
なかなか血糖値を測る事が無いかと思うので、気付きにくいのも無理はないかもしれません。

 

糖尿病のよくある症状に、頻尿や疲労感、体重の急激な変化があります。
ですがこのような症状は妊娠中ではなかなか気付きにくいのです。妊婦さんはお腹が大きくなるにつれ、子宮が圧迫されるので頻尿になったり、体重はもちろん増えますし、妊娠中はどうしても疲れやすくなります。

 

しかし、妊娠糖尿病は母体はもちろん、赤ちゃんにも悪影響となってしまうのです。
妊娠糖尿病が悪化すると、普通の糖尿病と同様に喉の渇きや頻尿になったり、尿の量が増えます。
また、自分の家族に糖尿病の患者がいると、糖尿病になる確率は上がってしまいます。
気になる方は、担当医などに相談して糖尿病検査を受けることをお勧めします。その際は必ず妊娠している事を伝えましょう。

 

妊娠糖尿病を防ぐには、通常の糖尿病と同様、食生活の改善と運動療法になります。
しかし、妊娠中の過度な運動は危険なので、無理のない程度で運動しましょう。

 

自分のためにも、これから生まれてくる大事な赤ちゃんの為にも、妊娠中にもしっかりと自分の体と向き合って糖尿病を防ぐようにしましょう。